Web日記帳
BIAの画像付き「Web日記帳」です。

[HOME] [ワード検索] [過去ログ] [管理画面] [設定画面]
2018年02月26日(月)  ピョンチャン冬季五輪閉会
昨日、テレビで閉会式を観ました。
ピョンチャンの閉会式会場は、オリンピック施設で初の「行事専用施設」です。
オリンピックの負の遺産が問題になっている中、最初から使い道の無い施設かも知れません。

20年前、長野五輪の閉会式を観に行きました。
長野では、後利用を考えて野球場を利用しました。

長野のフィギアスケートには、荒川静香選手が参加して13位になりました。
会社で応援しましたが、8年後トリノでの金メダルに繋がったと思っています

2016年07月21日(木)  銀シャリ
私の実家の両親は、健康のため玄米食でした。
私が実家に里帰りした時だけ、白米にしていました。
白米を食べる時、父はいつも「銀シャリだ」と言って喜んで
食べていました。

父は海軍で、潜水艦にも乗船していました。
陸軍と海軍の水上艦では「麦飯」でしたが、潜水艦だけ
白米100%でした。
白米を食べる時、父はいつもその話をしていました。

父が白米を食べたいと思っていても、二人だけの時、
母は必ず玄米を食べさせていました。
その効果もあったのか、父は94歳まで長生きしました。

2016年05月29日(日)  みちのく温泉めぐり
みちのく温泉巡り、入浴した温泉が150ケ所になりました。
150番目の温泉は「蔵王温泉・ルーセントタカミヤ」です。

2016年03月10日(木)  二宮金次郎像
薪を背負い、歩きながら本を読む――。
勤労・勤勉の象徴としての「二宮金次郎像」が、時代の流れに合わせて姿を変えています。
栃木の小学校に新しく設置されたのは、「座って本を読む金次郎像」です。
我が母校、上山小学校にも二宮金次郎像がありました。
木造校舎から鉄筋校舎に変わった時も、そのまま残置されました。

今回の改築でどうなったのか、見て来ました。
二宮金次郎像があった場所は更地になっていました。
まだ工事中なので、完全に撤去したのか、移転するのかは分かりません。
このまま消えると、小学校の面影は、東校舎のお堀跡だけになってしまいます。

2016年02月29日(月)  「大間の休日」
私は漫画「釣りバカ日誌」の大ファンです。
最高傑作は、第71巻の「大間の休日」だと思います。

人気絶頂アイドル・真崎マコが
ボディーガードから逃げ出して、大間にたどりつきます。
彼女は、追っ手から身を隠すために、
大間にマグロ釣りに来ていたハマちゃんたちの
漁船に忍び込みます。

ローマの休日を思わせるドタバタ劇が始まります。
熊とハマちゃんとマコの入浴シーンもあります。

この巻は是非、映画化してもらいたいと思っています。

2016年02月27日(土)  「sunclip」再開
niftyの@ホームページが9月末で終了します。
移行先は同じniftyの「@ホームページミニ」です。
私は一足先に、3月1日から新ホストに移行します。

移行に会わせて、Web日記帳は「sunclip」で再開します

2007年09月03日(月)  赤倉スキー場と泥だらけの純情
「泥だらけの純情」は、1663年の日活映画で外交官の令嬢真美とチンピラヤクザの次郎の悲恋物語です。
浜田光夫と吉永小百合が主演しました。
最後の舞台になったのが「赤倉スキー場」です。
先日テレビで放映されていました。二人は逃避行のうちに赤倉スキー場の雪の中で戯れ、ふとこぼれた睡眠薬を見つめ合い死を決心します。
このあたりがその舞台になっています。

2007年08月16日(木)  日本最高気温更新
本日、日本最高気温が74年ぶりに更新されました。
日本最高気温40.9度を記録したのは、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市です。
これまでの日本最高気温は1933年7月25日に山形測候所が記録した40.8度です。
私の故郷山形の日本一の記録が破られて、ちょっぴり寂しい気分です。

2007年08月01日(火)  阿久愁さん死亡
「UFO、津軽海峡冬景色」等5000曲以上の歌謡曲を作詞した「阿久愁」さんが、本日死亡しました。
「北の宿から、先生」も阿久愁さんの作品です。
阿久愁さんの作品の中で、私が好きなのは「津軽海峡冬景色」です。青函連絡船には乗ったことはありませんが、冬の津軽半島には何度も釣りに行っています。
この歌は、冬の津軽海峡の情景を見事に表現している歌だと思います。私は今でも青森に行くたびに、この歌謡碑の前に立って感動を新たにしてきています。

2007年06月23日(土)  回転寿司
大阪万博の話題をもうひとつ。
それは回転寿司が大ブレークしたことです。

回転寿司の元祖は1958年に東大阪市の近鉄・布施駅前で"回転"した「廻る元禄寿司」です。
元禄寿司に始まる回転寿司は、大阪人のせっかちな気性に合ったのか話題を集め、1967年にはフランチャイズ1号店となる仙台店がオープンしました。それを皮切りに全国展開が進んで行きます。
しかし、まだまだブレイクまでには到らない回転寿司でしたが、1970年に開催された「大阪万国博覧会」に出店する事となり、一躍脚光を集めました。
その大阪万博の西口に、回転寿司がオープンしました。
回転寿司は近未来の寿司システムとして万博の未来志向に見事にマッチし、一挙に全国的な認知を集めたのです。
さらに元禄寿司は、大阪万博の4年後の1974年に、ニューヨークへの海外第1号店を出し、これが回転寿司のイメージを高め、その後、元禄寿司が持つ回転寿司の特許が切れたことから、一挙に全国各地への出店が広がりました。

●その回転寿司は
終戦直後の1948年に白石義明さんによって考案されました。白石さんは当時、中小企業の工場がひしめきあう東大阪で立ち食い寿司屋を開いていました。
それまでの寿司屋といえば高級料理の代名詞でした。
しかし白石さんは地元の工場で働くお客さん達に喜んで貰おうと、一皿20円の立ち食い寿司屋をオープンしました。
一皿20円という明朗会計と低価格による安心感がある立ち食い寿司屋は、高級品が安く食べられるとあって人気を集めましたが、今度は寿司職人の確保が難しくなり機械による省力化を迫られていました。
そうしたジレンマを抱える中、ビール工場の見学をした白石さんは、そこで見たベルトコンベヤーの上をビンが流れ、次々とビールが注がれる様子から、寿司屋でそのコンベヤアーが使えないかと思いつき、それから10年の歳月をかけて回転寿司の基礎となる「コンベヤー旋回食事台」を開発したのです。


SunBoard - Remodel SunClip Ver1.24