Web日記帳
BIAの画像付き「Web日記帳」です。

[HOME] [ワード検索] [過去ログ] [管理画面] [設定画面]
2017年04月21日(金)  山形県民会館
1.本日、山形県民会館で「水森かおりコンサート」が開催されました。
 水森かおりの山形でのコンサートは5年ぶりです。

2.山形県民会館

 1962年、私が高校1年生の時に開館しました。
 最初に入館したのは「薗田憲一とデキシーキングス」のジャズコンサートです。
 その時の司会は、まだ売り出し前の「大橋巨泉」でした。

3.舞台に立つ

 一度だけ県民会館の舞台に立ったことがあります。
 高3の時、母校のブラスバンドの演奏会がありました。
 部長が同級生だったため、司会を頼まれ、演奏会の司会をやりました。

4.墓地で練習

 大勢の大衆の前で話すのは初めてだったため、肝試しのつもりで夜の墓地で練習
 しました。
 それでも不安が消えません。その時、弟と妹からアドバイスされました。
 「人間だと思うから上がるのだ。前にいる観衆はかぼちゃだと思え。」

 当日はこのかぼちゃ作戦が見事に成功しました。
 持つべきものは、兄弟です。

2017年03月19日(日)  濡れ衣の語源
「無実の罪を着せる」という意味で使われる「濡れ衣」、聖武天皇の時代(735〜749年)にあった出来事がその語源と言われています。

博多に「濡れ衣塚」があります。

塚の近くにある石堂橋にのプレートに、
「筑前に赴任した佐野近世という国司に美しい娘がいて、その溺愛ぶりに嫉妬した近世の後妻(娘の継母)は嫌がらせをしていた。
ある日、継母が漁師に金品を渡して『娘に釣り衣を盗まれた』と訴えさせたところ、娘の部屋を覗いた近世は、娘が濡れた釣り衣を掛けて眠っている姿を見て逆上し、怒りにまかせて娘を斬ってしまった」
と記されています。

2017年03月19日(日)  ワシントンの桜
ワシントン・ポトマックの桜を植えたのは「シドモア」です。

ポトマックの桜は1912年に、東京市から送られた3000本の苗木によって始まったものです。

最初に発案したのは、エリザ・R・シドモア女史。紀行作家です。
1884年に初めて日本を訪問し、日本の桜の美しさに心を奪われました。
翌年、 ポトマック埋立地に桜並木を造園することを考え、
所轄官庁や関係者に提案します。
この提案は拒否されますが、シドモアは24年間提案し続けます。

1909年4月、ウイリアム・タフトが第27代目大統領に就任しました。
シドモア女史は、タフト大統領夫人に対して手紙で桜の植樹を訴えました。

さらに、ポトマックの桜植樹に強い協力者が現れました。
ニューヨークに在住する日本人科学者の、
高峰譲吉博士です。
ポトマック公園に桜を植樹したいというタフト大統領夫人のニュースを知ると、
東京市から2000本の桜苗木を寄贈することを約束するのです。

そして、日本の外交ルートを通じて、東京市長の尾崎行雄に協力を要請しました。
尾崎は、日米親善のために桜の寄贈を決定すると、1909年11月には2000本の桜木を送りました。
桜の苗木は、翌年ワシントンへ到着しますが、病害虫に犯されていたため、 焼却しなければなりませんでした。

高峰博士と尾崎市長は、タフト大統領に、再び桜木を贈ることを約束します。
そして、無害虫の健康な苗木を育てたのです。
こうして3020本の桜苗木が、1912年2月14日に横浜港を出航します。
ソメイヨシノを中心とした12種の桜でした。
ワシントンに到着した桜は、農務省による苗木の検疫検査が行われ、
全て健康な苗木であることが確認されました。

そして翌27日の午後、ヘレン・タフト大統領夫人の手によって最初の桜が植樹されました。、
桜をポトマック河畔に花咲かせたいと願ったシドモアの夢が28年かかって叶った瞬間でした。

2017年03月05日(日)  懺悔坂
1.蔵王スキー場・地蔵岳山頂駅から樹氷原コースに出る最初の坂が「ざんげ坂」です。

2.懺悔坂、昔は、登山道をそのままスキーコースとして利用していたため、
 幅も狭く急坂で、こわくて懺悔しないと降りられない難所でした。
 ロープウェイ山頂線の輸送力増強に合わせて拡幅され、カタカナのザンゲ坂に
 なってしまいました。

 日本の多数の高山の急坂に「懺悔坂」の名前が付いています。
 蔵王の懺悔坂は平坦なコースへの改良で、懺悔しなくても降りられるように
 なったため、カタカナの「ザンゲ坂」に改名したのだと思います

2016年12月16日(金)  叫びの像
ロシアのプーチン大統領が来日しています。
北方領土返還交渉が前進してくれることを祈っています。

北海道別海町に「叫びの像」が建っています。
山形の鈴木傳六さん(でん六創業者)が昭和57年に寄贈したものです。
「島を返せ」と、老女と孫が島に向かって叫んでいます。

2016年12月07日(水)  物々交換
現在はお金があれば、大抵のものは買えます。
戦後すぐの時は、物が無く、さらにあってもお金では買えない時代がありました。

私が1歳になり、歩き始めた時、私の靴がありませんでした。
農家出身の父が、藁靴を作ることを思い立ち、農家に藁を買いに
行きました。
農家では「お金では売れない、何か無いか?」と聞かれまし
た。
父が「兵隊上がりなので何も無い。」と答えると。
「兵隊なら靴があるだろう。」と言われ
軍隊で支給された、皮の半長靴を持参して、藁を分けてもらい
ました。

私が履いていた藁靴は、超高価な藁靴だったのだと思います。

2016年11月18日(金)  鉄瓶復活
一.自宅に古い鉄瓶があります。
 側面に 合併記念、昭和29年10月
       尾花沢町、福原村、宮沢村、玉野村、常盤村
       と 刻印があります。

  30年以上使っていないので、内部が真っ赤に錆びています。

二.,ネットで調べて、鉄瓶のさび落としにチャレンジしました。
1.緑茶のティーパックを鉄瓶の中にいれる。
2.水を鉄瓶の八分目までいれて煮出す。
3.30分沸騰させる。
4.お湯が2分目をきるくらいになったら一度中のお湯をすてて、また水を八分目までいれる。
5.このお湯が沸騰して、また2分目になるまで沸騰させ続ける。
6.この1〜4の処理を3回繰り返す。
7. 緑茶のタンニンと錆が反応して、タンニン鉄が生まれる。
これで赤さびは止まり、お湯が赤いのも止まりました。
8.鉄瓶で沸かしたお湯で、お茶とコーヒーを飲みました。
今日から鉄瓶で沸かしたお湯を飲んで鉄分を補給します。

2016年07月21日(木)  銀シャリ
私の実家の両親は、健康のため玄米食でした。
私が実家に里帰りした時だけ、白米にしていました。
白米を食べる時、父はいつも「銀シャリだ」と言って喜んで
食べていました。

父は海軍で、潜水艦にも乗船していました。
陸軍と海軍の水上艦では「麦飯」でしたが、潜水艦だけ
白米100%でした。
白米を食べる時、父はいつもその話をしていました。

父が白米を食べたいと思っていても、二人だけの時、
母は必ず玄米を食べさせていました。
その効果もあったのか、父は94歳まで長生きしました。

2016年05月29日(日)  みちのく温泉めぐり
みちのく温泉巡り、入浴した温泉が150ケ所になりました。
150番目の温泉は「蔵王温泉・ルーセントタカミヤ」です。

2016年03月10日(木)  二宮金次郎像
薪を背負い、歩きながら本を読む――。
勤労・勤勉の象徴としての「二宮金次郎像」が、時代の流れに合わせて姿を変えています。
栃木の小学校に新しく設置されたのは、「座って本を読む金次郎像」です。
我が母校、上山小学校にも二宮金次郎像がありました。
木造校舎から鉄筋校舎に変わった時も、そのまま残置されました。

今回の改築でどうなったのか、見て来ました。
二宮金次郎像があった場所は更地になっていました。
まだ工事中なので、完全に撤去したのか、移転するのかは分かりません。
このまま消えると、小学校の面影は、東校舎のお堀跡だけになってしまいます。


SunBoard - Remodel SunClip Ver1.24